避妊方法について考えるカップル
外出しって避妊?妊娠しない為に必要なこと   >  自分でできる避妊方法

自分でできる避妊方法

自分自身を守るためにできること

避妊方法と聞いて、思い浮かぶものはコンドームやリズム法、ピルなどが多いのでは無いでしょうか。

なかでも、一般的に多く用いられているのはコンドームでしょう。ただそれは、男性用で正しく装着してもらって初めて避妊ができるのです。

男性に装着する意思が無かったり、誤った付け方をしていると避妊は失敗してしまうでしょう。

本来、避妊は女性自身に最も影響のあることなので、自分自身で対処した方が安心できます。女性が自分でできる避妊方法を知りましょう。

生理周期を知る上で、自然とリズム法を認識している女性は多くいますが、睡眠時間やストレス、食事などの生活習慣の影響でホルモンバランスはとても変わりやすいものです。

その結果、安全日や危険日も少なからず変わってくるので、そこで誤差が出てしまえば、あまり意味の無いものになってしまいます。

そしてピルは、計画的な避妊をしたい人にオススメしたいものです。よく耳にする「ピル」は生理痛や不順改善の為と毎日飲むことで避妊ができる薬で、それは低用量ピルに分類されるものなのです。

低用量ピルに含まれる女性ホルモンを人工的に摂取することで、体内のホルモンバランスが保たれるので、リズム法のような心配もありません。

さらに飲んでいる間は排卵自体を抑えてくれるので、セックスをして精子が女性の膣内に侵入してきても、受精が成立しないのでほぼ確実に避妊できます。

そして、服用を止めることで生理が起こるという仕組みなのです。

もう1つのピルもあって、緊急的に使用できるアイピルなどのアフターピルは、コンドームの使用で失敗した後や寄った勢いで何もつけないままして、妊娠の可能性がある時などに利用できます。

アフターピルには多量の女性ホルモンが含まれているので、その急激な吸収と吸収終了が起こることで生理を引き起こすきっかけ作りをしてくれます。

低用量ピルは飲み始めてから最低でも1週間は経たないと、避妊効果は発揮されません。

それより早くセックスをしてしまったり、途中で飲み忘れをしたなどのことが起これば、避妊効果は無いに等しくなってしまいます。

そんな時でも、アフターピルであるアイピルがあれば1回に1錠を飲むだけで高い避妊効果を得ることが出来るのです。

普段から避妊に気を付けていても、万が一失敗してしまう可能性があります。アイピルがあれば、最終手段として活用することができるので、女性はアイピルを持っていて損はないでしょう。